The Beatles Record Lists

ビートルズ CD レコード リスト 日本盤、米国盤、英国盤の紹介

日本盤アルバム

日本盤シングル

米国盤アルバム

アウトテイク1

アウトテイク2 

英国盤アルバム

ブック&ビデオ

CD Single&Ep Collection

Top Page

ビートルズの何処が好きかと言うと、4人のバランス感覚、美しいコード進行とハーモニー、互いの才能を上手く引き出しあったチームワーク。しかしビートルズのファンであって残念だったことは、ビートルズネタで女性と盛り上がったことが一度もないことである。
好きなビートルズの曲
No.1 … Please Please Me ・ Yesterday
No.2 … In My Life ・ Imagine ・ If I Fell  他全部

ビジュアルはどちらかというと、ホモセクシャルの様相だと感じる。女性はもっとたくましくて野性的な外見に憧れるのでしょうか。男性がビートルズのようになって女性にもてたいと考えても、それは女性が望むものではないと思う。
好きなビートルズの曲
No.1 … All You Need Is Love ・ A Day In The Life
No.2 … Across The Universe ・ I'll Cry Instead
 他全部

レコードやCDで聴くビートルズ、ラジオから流れるビートルズ、テレビの番組やCMで聴くビートルズ。同じ曲なのに、その時々に違った音に聞こえる。解散して50年近く経過した今も、これらの曲を聴くたび心を浮き浮きさせてくれるビートルズ。不思議な魅力だね。
昔よく聴いたビートルズの曲
No.1 … And Your Bird Can Sing ・ She Loves You
No.2 … Tell Me Why ・ Yes It Is 他全部

ビートルズのCD、ビートルズのレコード

 ビートルズの音源のCD化は、CDの普及にも効果があったと言われる時代がありました。当初、リスナー側にはビートルズはレコードで聴かなきゃビートルズじゃないという勝手な思い込みがありました。現在になって改めて思うことは、レコードの時代であろうと、CDの世界であろうと、ビートルズのコーラスや演奏は、全く色褪せていないということです。オーディオ業界の衰退の中にあっても、ビートルズの音はいつでもリアルに聴けます。

ビートルズのアウトテイクとリミックス

 ビートルズの海賊盤は、都会のコレクターズレコード店や中古レコードショップ等で大量に販売されていましたが、そのほとんどはゲットバックセッション時の寄せ集めテープからのダビングや、テープレコーダーで録音されたラジオライブやコンサートものばかりで、何度も繰り返して楽しめるようなまともなレコードではありませんでした。ところが1988年に発売された Swingin' Pig レーベルの海賊盤レコード、 Ultra Rare Trax シリーズには、それまでの海賊盤では聴いたこともない生々しいスタジオアウトテイクが収録されていて、ファンや業界関係者までもを驚かせました。ビートルズ解散後も、ビートルズの新しいレコードを待ち望むファンに対して、世界各国のレコード会社が、収録曲を並び替えただけの独自の編集盤などを多数発売しましたが、その魅力はマニアとして所有することの自己満足くらいでしかありませんでした。スタジオアウトテイクの出現は、ビートルズを聴きたいという音楽ファンをも感動の渦に巻き込みます。その後は Ultra Rare Trax と似たようなスタジオアウトテークを収録したCDのブートレグ、 Yellow Dog の Unsurpassed Mastersシリーズなども発売され、海賊盤はレコードからCDの時代へと切り替わっていきます。様々な業者が大量のブートレグを発売する流れになり、レコード会社も、その人気と需要の多さに押され、遂にはアウトテイクの正式盤としてアンソロジーシリーズを発表します。ただビートルズの新曲が聴きたいというファンにとっては、アンソロジーだけでは物足りませんでした。すでに海賊盤で聴き込んでいた曲が多数あったからです。そしてこの頃のブートレグの中には、BEATLES WORLD'S BEST やALTERNATE  MASTERS のように世界各国のリミックス違いを集約したCDなども発売されるようになっていました。それらの影響もあってかレコード会社もオリジナル曲のリミックスを開始、現在ではアウトテイクのリミックスも行われるようになりました。そして2017年5月、新たなリミックスとまるで新曲を聴いているかのようなパワフルな演奏とボーカルが満載のアウトテイクをセットにしたSGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BANDS (2CD)が発売され、2018年11月9日には、究極のアウトテイク、BACK IN THE U.S.S.R のテイク5、バッキングトラックバージョンが ホワイトアルバムのスーパーデラックスエディション7枚組の中で発表されました。この演奏は、世界中のアーティストに新たな感動を与えるであろうと思います。

リンゴ・スターのドラム

 うちの娘に言わせると、ビートルズは、打楽器演奏だと言います。よく飽きないで聴いていられるねと言います。でもこれって確信ついてるなと思います。すべての曲において、もしドラムがリンゴじゃなかったらと想像すると、これはもうビートルズではありません。リンゴスターの余裕のドラミング、心地よいリズムこそが、ジョンやポールのボーカルを引き立たせ、ビートルズの演奏らしさを象徴していることも間違いないでしょう。

ジョン・レノンのボーカル

 ビートルズの何が一番好き?と訊ねられたら、ジョンレノンのボーカルと答えてしまいます。Please Please Me、If I Fell、A Day In The Life、In My Life、All You Need Is Love、I Sould Have Known Better、You're Going To Lose That Girl、Ask Me Why、どの曲もジョンのボーカルでなければ成立しないと思います。そして、映像に残る初期の演奏してる姿も、 Rock & Roll Music など 、、とてもシャイで、かわいいのです。さらに、日本公演でポールが Yesterday を歌ってるとき、背後で演奏しながらうなづくジョンの姿を見ると、Yesterday を、そしてポールの才能を心から認めてるんだなと、嬉しくなってしまいます。ジョンレノンは、やはり優しい心を持った音楽家なのです。

ポール・マッカトーニーのイエスタディ

 東京ドームでライブを見たとき、ビートルズじゃないから絶対泣かないと余裕かましてましたが、Yesterdayの時は、泣いてしまいました。何回聞いても泣いてしまうと思います。若き日のポールマッカトニーが、ジョンみたいな性格だったら、多分ジェーンアッシャーに振られてなかったと思います。でもポールがジョンみたいな性格だったら、ビートルズは存在していません。難しい選択です。(意味不明) ちなみに解散後のポールの曲で好きなのは、東京ドームのコンサートでビートルズ時代のスクリーンミュージックに続いてオープニングで歌われた Figure of Eight、This One 等です。あとビートルズとの一番最初の出会いは、小学生の頃にラジオから流れてきた All My Lovingです。でもこの頃一番好きだった洋楽は、ポルナレフのシェリーに口づけや、ハミルトン&ジョーフランクの 恋のかけひき でした。

ジョージ・ハリスン

 ジョージハリスンじゃなかったら、ジョンとポールの間で一緒に行動出来なかったと思います。初期のジョージは、子供っぽく見えますが、いろいろ気遣いも出来る、根性の据わった好青年だったでしょう。ハンブルグへも一緒に行けてたし、当時を思えば、真似出来ませんよね。映像でのビートルズとの最初の出会いは、大阪万博が開催されてた頃、東芝4chステレオ、ボストンのテレビCMで流れていた Let It Beの演奏シーンですが、この当時の四人の中では、ジョージが一番かっこ良く見えていました。 

ジョージ・マーチン

 もしかしたら、ジョージマーチンも作曲に加わっていたのでは、と思うことがあります。でも神様みたいな人ですから、この曲のこの部分は、私が思いついたとは絶対言わなかったでしょう。ジョージマーチンも含めてビートルズのチームワークは最強でした。

初期のビートルズ

 初期の楽曲、I Want To Hold Your Hand、Please Please Me、She Loves You、この3曲がもし存在してなかったなら、ビートルズの人気はこれほど長く続かなかったのではと年齢を重ねるごとに思います、A Day In The Life や Strawberry Fields Forever、All You Need Is Love、Tiket To Ride をはじめ、他のどの曲ももちろん凄い曲で、世界中の演奏家にインスピレーションを与えてきたけど、様々な人気ミュージシャンや人気バンドが時代時代で終わっていく中で、ビートルズが末永く愛され語り継がれるのは、誰からも愛される心地よいリズムとコード、コーラスのおかげだと感じます。ポールのコンサートを観て何か足りないのではと感じても、口には出せないけどあきらめざるを得ないのは、みんな同じじゃないでしょうか。

ビートルズに想う

 ジョンがイマジンを出した時期、未だベトナム戦争は終わってないし、ポールのバンドオンザランが出た頃も、カンボジアでは殺戮が繰り返されていた。 彼らの歌が永遠に人の心を和ませ、いつかホントの平和がやって来る事を願う今日この頃です。 そのためには、ジョンもジョージもいなくなっちゃたけど、ポールにはまだまだ頑張って欲しいよね。